脂肪による膨らみを除去|肌を綺麗に作って若返り効果を実感しよう|肌のお悩みときっちり決別
女性

肌を綺麗に作って若返り効果を実感しよう|肌のお悩みときっちり決別

脂肪による膨らみを除去

医者

柔らかくなった脂肪

顔には多くの脂肪がついているのですが、これは若いうちは脂肪線維の働きにより、キュッと引き締まっています。しかし年をとるにつれて、脂肪線維が衰え、脂肪は柔らかくほぐれたような状態になっていきます。目の下のたるみは、この柔らかくなった脂肪が、目の上から流れてくることで生じます。したがって、脂肪を目の下から手術で抜き取れば、たるみを解消することができます。具体的には、眼球側から目の下の粘膜を切開し、脂肪を除去した上で、切り口を縫って塞ぐという手術です。たるみの原因となっている脂肪は、柔らかくなっているわけですから、ミリ単位の小さな切開口から押し出すことができます。そのためこの手術は、体への負担が少ないことから人気があります。

取り出した脂肪の注入

手術で取り出した脂肪は、不純物を除去することで、質の良い状態となります。そのため手術後には、しばしばこの脂肪が有効利用されています。というのも、目の下への脂肪の移動でたるみが生じるのですから、目の上にはその分、くぼみが生じることになるのです。くぼみがあると、それによる影で目元は暗く見えるようになるのですが、くぼみは脂肪の注入で埋めることができます。この脂肪は、柔らかいので注射器で容易に注入することができます。これにより、くぼみによる影がなくなれば、健康的な目元になるのです。もちろん目の下のたるみがなくなることで若々しく見えるようにもなるので、この手術では二重の美容効果を得ることができると言えます。